2012(H24)年度 山口県小学校教育研究会算数部研究課題
「算数的な表現力」を育む
〜子どもが,豊かに思考し表現する授業の工夫
 昨年度から全面実施となった小学校学習指導要領では,算数科の目標に,「表現する(能力)」という文言が加えられた。さらに,低学年から,数量関係の領域を設けるなど,子どもの表現力を育成することに,一層重点が置かれるようになった。

 そこで,本研究では,

子どもの「算数的な表現力」を育むことを研究主題に掲げ,研究を進めていくことにする。

また,子どもの表現は,思考と密接に結び付いている。子どもの「算数的な表現力」を育んでいくためには,それを支える子どもの思考力を培っていくことが不可欠である。そうしたことから,

副主題を「子どもが,豊かに思考し表現する授業の工夫」とした。

 子どもが,豊かに思考し,それを表現していくためには,まず,思考や表現の手段を多様に身に付けておくことが大切である。算数科における思考や表現の手段としては,日常の言語,数,式,図,表,グラフなどが挙げられる。日々の授業で,思考や表現の手段が多様に生まれてくるような教材と出合わせたり,互いが用いた手段を共有する場を設けたりすることで,思考や表現の手段を増やし,進んで用いることができる子どもを育てておきたい。

 では,そうした多様な手段を用いながら,「豊かに思考し表現する」子どもとは,具体的にどのような姿だろうか。本研究では,以下のような子どもの姿だととらえている。

(1) 自分なりに見通しをもちながら問題を解決している。
(2) 解決方法の中から,算数的に価値のあるものを見出そうとしている。
(3) 本時の学びを他に活用しようとしている。

授業の中に,上記のような子どもの姿を求め,以下のような工夫を施していきたい。

(1) 自分なりに見通しをもちながら問題を解決していけるように

 問題と出合ったとき,積極的に解決への糸口を探ることができる子どもを育成していきたい。そのために,授業の中では,以下のような工夫が考えられる。

1 これまでの学びとのつながりを意識できるようにする。
2 問題に対し,何度も試行できるようにする。
3 一人ひとりが解決への糸口を得ることができるようにする。

 算数には,内容の系統性や学習の連続性が明確であるという,教科としての特性がある。問題解決の糸口の多くは,これまでの学びの中に潜んでいる。学びのつながりを意識できるよう,問題の提示の仕方を工夫したり,前時までの学びの様子を写真やワークシート,掲示物から想起させたりすることで,これまでの学びを根拠としながら,自分なりに見通しをもつことができるようにしたい。

 また,問題に対し,何度も試行する中で,解決への見通しが生まれてくることがある。子どもがくり返し試行できるよう,時間や場を保障したり,何度も行いたくなるようなゲームを取り入れたりすることも,有効な手だてである。

 さらに,問題解決の糸口が見え始めた段階で,互いの考えを紹介したり,自分が解決に生かしたい他者の考えを選択させたりすることで,どの子どもも解決への糸口を得て,自信をもって解決への一歩を踏み出せるようにしていきたい。

(2) 解決方法の中から,算数的に価値のあるものを見出すことができるように

 一つの問題に対して,子どもたちの解決方法は多様に生まれてくる。その中から,「問題を解決する上で大切なことは何か」,「より算数的に価値の高いものはどれか」ということを,自分なりに考え,判断できる子どもを育てていきたい。そのために,以下のような工夫をしていきたい。

1 互いの解決方法を関連付けることができるようにする
2 互いの解決方法を比較できるようにする
3 自他の解決方法のよさを自覚できるようにする

 互いの解決方法に,大きく共通点が見られる場合には,その関連を探る場を設けることが考えられる。例えば,解決方法に共通していることをキーワードにしてまとめさせることで,問題を解決する上で大切なことを,自分なりに見出すことができるようにするのである。

 互いの解決方法に,大きく相違点が見られる場合には,それらを比較する場を設けることが考えられる。例えば,対照的な考えを意図的に取り上げることで,「自分の考えと相手の考えはどこが違うのだろう」と子どもが探り,比較する中で,よりよい解決方法を見出すことができるようにするのである

 また,有用性,簡潔性,一般性,正確性,能率性,発展性などから,解決方法を振り返る場を設けることで,自分や他者の解決方法のよさを自覚し,学びの価値を実感できるようにすることも大切である。

(3) 本時の学びを他に活用していけるように

 本時で学んだことを,本時でのみとどめておくのではなく,「だったら〜でもつかえるのではないか」と,算数の考えを自ら広げ,表現できる子どもを育んでいきたい。そのために,以下のような工夫をしていくことが考えられる。

1 今後の学びとのつながりを意識できるようにする。
2 生活とのつながりを意識できるようにする。

 例えば,本時の学びとかかわりの深い教材を提示したり,学びがどのようなことにつかえそうか探る場を設けたりすることが考えられる。このように,今後の学びとのつながりを意識できるようにしておくことは,(1)で述べたような,問題解決への見通しをもつ上でも,大いに役立つと考えられる。

 また,算数的な事象は,日常生活の中にあふれている。生活の中から「算数探し」をするなどして,算数での学びを,日常生活の中にも積極的に生かしていこうとする態度を養っていきたい。


 以上のようにして,子ども一人ひとりの中に考えが生まれてきたことがみとれたら,機会を逃さず,他者に表現する場を保障していきたい。自分の考えを他者に説明しようとすると,自分の考えを再度振り返り,他者にもわかるよう整理することが必要になってくる。また,子どもは,他者に納得してもらえるような,説得力のある説明をしようと,なぜそう考えたのか,どのようにして考えを進めていったのか,論理立てて自分の考えを表現してこうとするであろう。

 このようにして,豊かな思考に支えられた表現を互いにかかわらせ合う中で,さらに思考を深め,表現力を磨く子どもを育んでいきたい。