2005(H17)年度 山口県小学校教育研究会算数部研究課題
算数を楽しむ子どもを育てる
〜算数的活動の質を高める指導と評価の在り方〜
算数の学びを楽しむ子どもの姿を求め,研究課題として「算数を楽しむ子どもを育てる」を掲げ,6年間研究を続けてきた。
昨年度は「基礎・基本をより確かなものにする学習指導の工夫」を副主題として研究を進めた。
考えたことと現実との矛盾を取り上げたり,子ども相互の考えの違いをクローズアップしたりしながら,「乗り越えのある算数的活動」を設定することで,子ども一人一人の学びを高めていこうとしたのである。
その結果,各ブロックから効果的な教師の働きかけについて多くの成果が報告された。
また,質の高い算数的活動を設定し,子どもの期待感や満足感を喚起していく教師の働きかけの大切さが浮かび上がってきた。
魅力的で質の高い算数的活動を日々経験することで,子どもは有用性,簡潔性,一般性,正確性,能率性など,算数の特性にふれ,算数との絆を次第に深めていくことができるのである。
このことが,算数を使って考えることに魅力を感じ,算数を楽しもうとする態度につながっていくと考える。

そこで,本年度は算数的活動そのものに目を向けていくことにした。
「評価規準」「絶対評価」「少人数指導」「発展的な学習・補充的な学習」など,ここ数年,指導と評価にかかわる視点や手法が数多く出されてきたが,これらのベースとなる算数的活動が,どのように改善されてきたかを振り返る時期にきていると考える。

算数部では,先行実践として平成13年度に「一人一人の算数的活動を生かし,考えを高める授業」という副主題をもとに,算数的活動にかかわる研究をしている。
ここでは,算数的活動を通して生まれた子ども一人一人の考えをどのように集約していくかについて研究した。
この先行実践を生かしつつ,算数的活動の在り方を問い直していきたい。

学習指導要領解説算数編に述べられている算数的活動は,以下のようにまとめられる。

・算数にかかわる活動(外的・内的,両方含む)であること  
・子どもが明確な目的意識をもって取り組む活動であること

しかし,質の高い算数的活動を構想するためには,この条件だけでは十分ではないということがこれまでの実践を通して明らかになってきた。
そこで,算数部では上記二つに加えて

・見通しをもち,筋道を立てて考えるという,論理的な思考を引き出すことができる活動であること

という条件を付け加えたい。
子どもが獲得すべき基礎・基本として,見通しをもち筋道を立てて思考できることを重視しているのである。
例えば,手や身体を使ってものを作ったり,数学的な事象にかかわり,その実態や数量などを調査したりする活動を行ったときに,それが「子どもの思考を活性化しているか」ということの吟味をすることが大切だと考えるのである。

算数的活動の質を高めるために,次の三つの視点を設定する。

視点1 
算数的活動を効果的に生み出す教材づくり

子どもの目的意識を高めることができるよう,子どもが「やってみたい」「調べてみたい」と感じることができるような教材づくりをすることが大切になる。
また,知的好奇心を喚起したり,問題は何かがはっきりと理解できるよう,教材との出会わせ方を工夫したり,解決に対する目的意識を強くもてるようにしたりすることが大切になる。
具体例としては次のようなものが考えられる。
・ 実生活をもとにした教材
・ ゲームやクイズ,ものづくり,友達との共同作業などを含んだ教材
・ 教科書の問題をクラスの子どもの状況に適したものに改善した教材

視点2
 算数的活動の目的や価値を明らかにした上での指導と評価

「なぜ,この算数的活動を設定するのか」
「この算数的活動で,どのような思考が期待できるのか」
などを明らかにしておく。
算数的活動の目的や価値を明らかにしておくことで,教師のみとりはより確かなものになる。
また,子どもが最終的にまとめた,結果としての表現物だけでなく,試行錯誤・試行接近をしている際に発した言葉やかいた図,表,式などに着目することで,子どもの学びのプロセスをより精緻にみとり,評価していくことも可能になる。
この評価を生かして子どもに適切に働きかけることで,一人一人の思考の質をさらに高めることが可能になるのである。

視点3
 思考の進め方に目を向けていけるようにするための働きかけ

見通しをもち,筋道を立てて考える力を伸ばすためには,子どもがどんな見通しをもったか,そして,どのようにして確かめているかを意図的に取り上げ,振り返ることができるようにすることが大切である。
教師の働きかけには以下のような例が挙げられる。
・ 子どもの見通しやその確かめ方を,教師がノートやプリントにコメントを書き込むことでクローズアップできるようにする。
・ 相互評価の活動を組織し,子どもが評価したよい見通しやその確かめ方をノートやプリントに書き込み,蓄積していくことで,振り返りの際に活用できるようにする。
・ 子どもの思考の流れが残せるよう,板書の方法を工夫する。
特に高学年においては,子ども一人一人が自他の思考の進め方の差異に気づき,それを比較することで,より理想的な思考の進め方を求めていけるようにすることが大切である。

以上,三つの視点について述べた。
各ブロックでの実践では,これら三つの視点すべてを研究対象として取り上げる場合も,一つに重点化して研究する場合もあると考えられる。
いずれにしても,子どもが考えることを楽しむという視点から算数的活動を問い直し,その質を高めていきたい。
そして,見通しをもち筋道を立てて考えることに魅力を感じ,算数的活動を楽しみながら算数の学力を高めていく子どもの姿を期待したい。