2000(H12)年度 山口県小学校教育研究会算数部研究課題
算数を楽しむ子どもを育てる
〜算数的活動を取り入れた授業への改善〜
 子どもの算数離れ、算数嫌いが増加しているという指摘がされて久しい。
嫌いな教科として算数をあげる子ども、算数は難しいと感じている子ども、算数の授業時間がもっと少ない方がよいと考えている子ども、各種調査からも、算数を敬遠する子どもの姿が浮かび上がってくる。

 そこには、内容教科であるがゆえに、「わかる」「できる」という知識や技能を重視してしまう教師の算数に対する授業観が大きく影を落としている。
しかし、本来、算数が「わかる」「できる」ということは、子どもが算数が好きだと感じる重要な要素の1つであったはずである。
「できたから、好きになる。好きになったから、がんばって、さらにできるようになる」という繰り返しの中で、高まっていく子ども。
そのような子どもの姿を求め、これまでも、さまざまな学習指導の工夫がなされ、一定の成果を収めてきている。

 しかし、前述の現状を考えると、子どもの視点で、あらためて授業そのものを考え直すことが必要ではないだろうか。
何よりもまず、子どもが心待ちにする算数の授業、子どもが好きになる算数の授業が求められている。

 そこで、今年度も「算数を楽しむ子どもを育てる」を研究主題として掲げたい。
算数の授業を「楽しい」と感じるだけでなく、算数を学ぶことそのものを「楽しむ」子どもの姿を求めたいのである。
昨年度は、授業改善の手掛かりを「算数的活動」に求め、サブテーマを「算数的活動を取り入れた授業を探る」とした。

その際、算数的活動の視点として以下の4点を挙げている。

・目的意識を持って授業に臨んでいるか
 (自発性)
・自ら対象に働きかけながら生き生きと行動しているか
 (主体性)
・生活経験や既習経験を生かしたその子なりの発想が生かされているか
 (創造性)
・事象を数理的に考察したり、処理したりすることのよさを味わえているか
 (数学的な考え方)

 この視点に沿って、会誌「算数教育」に報告されているように、さまざまな取り組みが行われ、

「子ども自らが解決の必要感を持ちうる活動かどうか」
「その活動そのものが算数的価値を持ちうるものかどうか」

の2点についての重要性が指摘されており、今後も配慮していく必要があろう。
また、算数を学ぶ意味を子ども自らが見いだしていくことができるようにするために、実生活とのかかわりの中で子どもが算数を学んでいくことも考慮していかなければならないだろう。

 一方、算数的活動の意味や意義が十分理解されず、日頃の授業の中に積極的に取り入れられていないという実態も指摘されている。

 また、授業実践が図形領域や量と測定領域に片寄りがちな点も指摘されるところである。
授業実践を積み重ねていく中で、これらのことも、解決していかなければならないだろう。

 以上のことを踏まえ、本年度は「算数的活動を取り入れた授業への改善」をサブテーマとして掲げたい。
折からも、今年度から移行期間が始まり、新指導要領の趣旨に添った授業が求められているときでもある。
日頃の授業も含め、子どもが算数を楽しんでいる姿を求めて授業の改善を図っていきたい。