1999(H11)年度 山口県小学校教育研究会算数部研究課題
算数を楽しむ子どもを育てる
〜算数的活動を取り入れた授業を探る〜
 新しい学習指導要領が昨年末に告示され、授業内容の大幅な削減という変更点がセンセーショナルに新聞紙上を賑やかした。
確かに、この点は直接授業のありようにかかわる大きな問題である。
しかし、それ以上に重要なのは、来るべき21世紀を見据え、変わらないものは何かをしっかり見きわめた上で、授業自体がこれまでの授業とどう変わるか、また、どう変えなければならないのかという新しいカリキュラム開発や指導上の問題ではないだろうか。
教師の算数の授業の捉え方や取り組み方、教育観そのものが問われているのである。

 算数部では、これまで6年間にわたり子どもを主体とする授業づくりを目指し、
「子ども一人一人が算数をつくりだす学習指導の工夫」
という研究課題のもと実践研究に取り組んできた。
教師が一方的に教える学習ではなく、子ども一人一人が、今、自分の身に付けている算数の知識・技能・考え方等を発揮し、子ども自身が創造的・発展的に学習していく算数教育を目指してきたのである。
その成果については、会誌「算数教育」において数多く報告されているとおりである。

 本年度以降も、新指導要領の趣旨から考えて、この求める授業の方向は変わらず、発展的に研究を進めていくことになると考える。
そのためには、算数の授業を子どもの視点からあらためて問い直し、学んでいる過程そのものをより重視することが必要であろう。
新指導要領が求める授業改善の方向も、そこに帰着するはずである。

・目的意識を持って授業に臨んでいるか
 (自発性)
・自ら対象に働きかけながら生き生きと行動しているか
 (主体性)
・生活経験や既習経験を生かしたその子なりの発想が生かされているか
 (創造性)
・事象を数理的に考察したり、処理したりすることのよさを味わえているか
 (数学的な考え方)

 以上のことを踏まえ、本年度は「算数を楽しむ子どもを育てる」という研究課題を設定したい。
算数の授業を「楽しい」と感じるだけでなく、算数を学ぶことそのものを「楽しむ」子どもの姿を求めたいのである。

算数の力として考えていきたいのは、授業によって何が分かり、何ができるようになったかとともに、いかに「活動」できたかという点が強調されるのである。
当然、そのためには、子どもの活動の質を吟味しなければならないだろう。
上述の4点がその視点となると考えるが、これらを内包するものが、新指導要領に新たに取り上げられている「算数的活動」そのものであると考えられる。

 そこで、副題として「算数的活動を取り入れた授業を探る」を掲げたい。
その内容は、今後研究していかなければならないが、具体的な活動としては以下のようなものをあげることができよう。

・作業的な活動 ・体験的な活動 ・調査的な活動 ・実生活への応用活動
・具体的な操作活動 ・問題作成的な活動 ・問題解決的な活動 ・探求的な活動
・発展的な活動 ・思考交流活動 ・領域総合的な活動

いずれにせよ、子どもの視点から構想した単元レベルでの教材化であることが重要な点となるであろう。